千葉 木更津市 ほたるの眼科

ホーム リンク サイトマップ
ほたるの眼科   .0438-40-5782
信頼され 愛される 眼科をめざして/ ほたるの眼科
ホーム > 病気について > 糖尿病性網膜症
 
病気について
白内障手術
緑内障とは
糖尿病性網膜症とは
順番待ちシステム
当日の順番待ち
診療受付はこちら
診療受付サービス
操作手順のご案内
自動電話受付番号 03-3599-6075
携帯サイト
アクセス案内
 
糖尿病性網膜症とは
 
糖尿病は近年患者数が増加しており、国内患者数は約700万人、予備軍も含めると1500万人前後に上ると考えられています。
糖尿病の三大合併症の一つとして糖尿病網膜症(ほか糖尿病腎症、糖尿病神経症)があり、わが国の成人中途失明原因の第2位に挙げられています。

糖尿病網膜症には以下のような3段階があります。
 
単純糖尿病網膜症
 
単純糖尿病網膜症 網膜細動脈瘤がでてきて、網膜出血が見られるようになります。
この時点では自覚症状はほとんどありません。
 
前増殖性糖尿病網膜症
 
前増殖性糖尿病網膜症 網膜静脈が怒張し、網膜内最小血管異常、綿花様白斑などが出現してきます。
網膜症進行予防のために、網膜光凝固(レーザー)治療が必要になってきます。
 
増殖糖尿病網膜症
 
増殖糖尿病網膜症 網膜全体に無血管領域(毛細血管がつまり血液が流れていかない領域のこと)が広がり、網膜が虚血状態となります。
新生血管、増殖膜が出現し硝子体出血、牽引性網膜剥離、血管新生緑内障を引き起こします。手術治療を行いますが、手遅れで失明にいたることも多々あります。
 
 
 
ページのトップへ
 
 
 
ホーム | 病気について | 地図・診療時間 | ごあいさつ | クリニック紹介 | お問い合せ | Q&A | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright(C) 2009 ほたるの眼科. All Rights Reserved. PRODUCED BY T.D.B
 
ホーム 病気について ごあいさつ 診療時間・地図 クリニック紹介 お問い合せ